映画「別離」を観て

今日、イラン映画「別離」を観た。だれがいっていることが、本当なのかな。アルツハイマーの親を持ったら、たいへんだな。妻がいなくなったら、突然の悲劇が生まれるんだな。イラン人の信仰はたいへんなものだ・・・などとつぎからつぎへと映画は展開している間、こちらの頭もいろいろと思ったりして、目が離さえないほどおもしろかった。映画が終わって、出口に向かいながら、年取った女性のふたりのひとりがこういっていた。「重すぎる」と。確かに、夫婦間と親と子ども間の葛藤は、離婚が絡んでくるんだから、たいへんなものだ。

コメントをお書きください

コメント: 2