映画を観た翌日

朝、目を覚まして、ふと、昨日観た映画の中でアイヌの女性がしゃべったことを思いだした。

「親はアイヌ語をしゃべることができたが、差別を避けるために子どものわたしにアイヌ語を教えなかった。今、年取ってアイヌ語を習っているが、文字を見てはなかなか覚えられない。でも、語りや歌なら、すぐ覚えられる」

映画を観て終わって、時間をおいたあと、ふと思い出す。いや、そればかりでなく人と話したあとで、いろいろと思い出すし、いろいろな考えが浮かんだりする。ひょっとしたら、映画というものは、われわれが考える材料のひとつではなかろうか。ひとりで映画を観るのも楽しいが、ふたり、三人・・・といっしょに観て、同じ経験をシェアをして話し合うというのもいいのかもしれない。楽しさが倍増するのではなかろうか。われわれの上映会もそんな環境をつくっていきたいと思う。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    strona www (金曜日, 17 11月 2017 21:49)

    bystrotok