6月22日(土)付け毎日新聞に記載

映画:パレスチナ作品、さいたまで上映 /埼玉

毎日新聞 2013年06月22日 地方版

 一般劇場では上映されない質の高い映画を紹介しようと、市民団体「チネマ・カプチーノ」は7月6日、さいたま市緑区中尾のプラザイースト映像シアターで、パレスチナの長編ドキュメンタリー作品「壊された5つのカメラ〜パレスチナ・ビリンの叫び」(2011年、90分)を上映する。

 パレスチナ・ビリン村で農業を営んでいた男性が四男の誕生を機に手にしたカメラで記録した映像が、イスラエル軍に抑圧されたパレスチナを映し出す。イスラエル人監督との共同制作で第85回米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた作品だ。

 当日は午後2時上映開始。料金500円(要予約)。予約・問い合わせはチネマ・カプチーノ(電話048・686・4539)。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    sex tel (金曜日, 17 11月 2017 21:55)

    niepowielanie